かいご男子 介護ガール

「かいご男子 かいごガール」は 介護の現場で輝く"イケてる男女"を 取り上げて特集するサイトです。

介護男子&介護ガールってなに?

ひとは、ひとによって癒やされる 山口 淳美(25) コミュニケア24癒しのデイサービス大阪都島 2011年入職 

「介護ってタイヘンなんでしょ?」なんて言われたくない

文岩 昭二 写真

仕事に、タイヘンじゃない仕事ってないと思うんです。友達から「介護ってタイヘンなんじゃない?」なんて言われると、そうじゃないよって言い返しています。介護の仕事は給料が安くて、マイナスなイメージだなんて思われるのは、ちょっとムカつきます(笑)。皆さん仕事の実際を知らないから、イメージだけでそう言われるのだと思います。

ぜんぜん恥ずかしい仕事ではないし、職場も明るくて、やりがいもあります。何より利用者の皆さんと、人と人とのふれ合いが感じられる素晴らしい仕事だと私は感じています。はじめた当初は、私たち職員が利用者の「助けをしてあげる」って思ってたんですけど、まったく勘違いでした。実は毎日、利用者の皆さんに助けていただいてるのは、私たちだったんです。人は互いに助け合って生きてるんだなっていう実感が持てる、ほんとうに魅力ある仕事なんですよ。

福祉の仕事に興味を思ったのは、中学生のとき

文岩 昭二 写真

よく、「そんな早くに将来を決めたの?」とびっくりされることがありますが、私は中学のときから漠然と福祉の仕事がしたいなと思っていました。母子家庭ということもあって、兄も働いていましたし、母から「将来性のある、安定した仕事をしなさい」と言われてきた影響も大きかったかもしれませんね。そして高校は、福祉の授業のある学校に進学して、福祉の専門学校で学び、5年前に今の会社に入りました。

実は小学低学年まで、私自身が小児ぜんそくで体が弱く、入退院を繰り返していたのもきっかけだったかも。おばあちゃんに「看護師さんになったら?」と勧められたんですけど、当時ながらにそれはちょっと無理かなって(笑)。今はもう、体もすっかり丈夫で元気ですよ!

責任の重さと、命の重さ

文岩 昭二 写真

もともと、人としゃべるのが好きでしたし、利用者の方との交流も楽しいですね。利用者の方から、顔と名前を覚えていただけるのは本当にうれしい。ここ都島に来る前は尼崎にいたんですが、尼崎の施設にいた方がわざわざ都島まで電車に乗って私に会いに来てくださったことがあったんです。それはそれは感動しました。結局その場では会えなかったんですけど(笑)。

今でこそなんとかやっていけていますが、2年目までは不安が大きかった。責任の重さがズシっとのしかかってくるように感じていました。でも利用者の方に喜んでもらえたり、ご家族の方ともこまめにコミュニケーションがとれて、信頼していただけるようになるのは自信になりました。

先日、私が仕事で携わっていた方が亡くなられたんです。デイサービスのみなさんは元気ですし、あまり考えたことはありませんでした。自分の身内でも、まだ死に立ち会ったことがなくて。高齢の方と関わる仕事ですから避けられないのですが、命の重さというものをほんとうに実感しました。 これからも責任の重さを感じながら、細かいところまで目を配る仕事をしていきたいです。

将来はもっと、地域のひとの力になりたい

文岩 昭二 写真

まだまだ経験不足ですが、今後はもっと勉強して、地域包括支援の仕事がしてみたいですね。仕事をはじめた当初、デイサービス相談員のころはできる仕事に限界があって、認知症の方でご家族さんが苦しんでいるのに力になれなくて悔しい思いをしたことがあったんです。地域の皆さんの力になれる仕事ができるように、自分自身が成長していきたい。そしていつか、新規事業所の立ち上げにも携わりたい。一からはたいへんでしょうが、その分やりがいもあると思っています。

人は、人によって癒される

文岩 昭二 写真

私がこの会社への入社を決めたのは、「人は人によって癒される」という会社のコンセプトが素敵だなって、その言葉に惹かれたからなんです。福祉の専門学校時代に、別のとある施設に実習体験に行ったんですけど、ご利用者の方を流れ作業のようにお風呂に入れたり、スタッフ同士が「ちゃん」付けで馴れ馴れしく呼んでいたりするのを見て、あまり快く思わなかったんです。これは、私がやりたい介護じゃないなって。

ところが、今の会社の説明会へ来たとき、その実習体験に行ったところとは全然違うなってすぐに分かりました。私たちの介護でご利用者の方に喜んでもらえて、私たちはみなさんの笑顔と言葉で癒していただける。ほんとうに素晴らしい仕事だと思っています。 こんな(実は呑み好きな)私がおすすめする、団結力とやりがいある職場「癒しのデイサービス大阪都島」へ、どうぞお越しください。

文岩 昭二 写真

MyHoliday

日曜と平日が休みなんですが、今は趣味がないので友人と趣味を探しているところです。陶芸でもしようかなぁとかいいながら、呑み歩いていますね(笑)
最近は職員同士の結束が強まってるように思います。新年会で呑みに行こうかとか、知り合いの看護師さんがよくいくお店でワイワイやったり、お好み焼きパーティーをしたり。いい感じに一致団結してきていますね!(←呑好き)

※2015年4月22日現在の情報です 。

INTERVIEW ARCHIVES

メゾン・デ・サントネール アネックス 平 理沙
入居者様の新しい1面を発見できることがうれしい!

メゾン・デ・サントネール
アネックス
平 理沙

メゾン・デ・サントネール新深江 中山啓汰
「僕がやりたい介護」に向き合える。それが楽しいんです!

メゾン・デ・サントネール
新深江
中山啓汰

グループホーム「なでしこの家」 土生佑治
ご利用者様、一人ひとりと
向き合いたい

グループホーム「なでしこの家」
土生佑治

フォーユー箕面小野原 仙石真由
頼られる存在になりたい

フォーユー箕面小野原
仙石真由

グランデージ和泉 井上奈美
人生の勉強になる仕事

グランデージ和泉
井上奈美

浪速マリアヴィラ 花岡麻起子
楽しくない日はありません。天職です!

浪速マリアヴィラ
花岡麻起子

ハートランド富田林 乾雅之
正解がないからおもしろい!

ハートランド富田林
乾雅之

さらに過去のインタビューはこちら